逗子の醍醐味とパーソナル富士見台

この景色は、建物の中から撮影されたものです。

山の合間に逗子の海を眺めながら、その向こうに富士山がスッと立ち上がっている。

さてさて、これはまたまたシビれる物件が登場です。

シビれ具合は、人によって様々ありますが、この物件の普遍的シビれ具合は群を抜いていました。

何はともあれ、見てみようではありませんか。

敷地面積:616.81㎡(約186.58坪)
建物面積:191.68㎡(約57.98坪)

まずは、庭と建物の外観から行きましょう。

いきなりこの感じです。

きっと古い建物を想像されるかもしれませんが、2007年に新築された13歳の建築物。

季節柄葉が落ちていますが、左手に見える大きな木が「紅葉」です。

海の見えるバルコニー側にも、もう一本の「紅葉」が。

四季を通してどんな様相になるか想像して見て下さい。

入口に戻って入って見ましょう。

これがエントランス。

松の木と電灯とが相まって情緒ある新しさを展開しています。

ちなみに、駐車場は裏手にあります。

さあ、玄関にやってきました。

シンプルでもの静かな佇まいでありながら、ゴージャスさで押し切って来る異様さは感じられません。

あくまでも自然な玄関らしき佇まいで、肩の力を抜いてくれます。

ではでは、入って見ましょう!

玄関を入った正面の景色。

土間がぐっと奥まで続き、壁には美術品や好きなものを入れるケースが大小3つ取り付けられています。

何を入れるかで、来客の印象や自らの帰宅時の気分を盛り上げるツールとして活躍してくれるはず。(照明付)

箱の上にも何かディスプレイしたら楽しいですね。

そして玄関を入って、左手にも土間が続きます。

土間だけでも、なかなかの広さがあります。

リビングと言えばいいのか。

この梁を敷地に上げるのに五十人がかりだったとか。。。本当なのか?

まるで江戸時代のような話。

この梁は、それほどの迫力です。

ダイニングの向こうには、竹が窓枠にスッキリとした印象を与えてくれます。

 

ここまできて、テキストが自分でもだんだん五月蝿く感じてきました。

しばし写真をご覧ください。

何よりも写真(または実物)を見ていただきたいから。

惜しげなく使われた建材にも注目を。

これも、所蔵用の陳列棚ですね。

照明が、ユニークな形で設置されています。

何やら思わせ振りな仕掛けですね。

バルコニー部分も開放感のある作り。

デッキ材が交換時期になっていますので、どうせならしっかりしたデッキ材でここから海を眺めたいですねー。

向こう側は、山の様相。

山と海がありながら、駅までは徒歩8分!(京急新逗子駅)という立地なんです。

駅からこの距離で、海や富士山を眺める立地は、マンションの上層階以外で見たことがありません。

最後にもう一度、眺望を。

これは、ズームしていると思いますが、実際の景色はもっと迫力あります。

駅までの道のりはほぼ平坦という驚き。

この敷地だけ、ポッカリと浮いたような小さな丘の上にあるような印象なんです。

コレクターの方や、法人の事務所にも良いかと思います。

贅沢な環境で、時々のリモートワークに最適です。

都内から1時間。

「今日は逗子行ってきまーす」なんて良いじゃありませんか。

世界は変わり始めています。

生きている私たちは、今こそ幻想を断ち切って、歓びと創造のピークへ旅立ちましょう。

この物件は、そんな気持ちを思い起こすありがたき物件のような気がしてなりません。

創造の可能性は尽きませんが、何よりも見て見たい!そん気持ちになりますでしょう?

ご紹介したい事はここでは伝えきれないのはもちろんですが、現地ではとくとご覧いただけます。

行きましょう、逗子の桜山へ。

<H>

物件種別 中古戸建
価格 22000万円
所在 逗子市桜山7丁目
交通 京急逗子線「新逗子」駅 徒歩8分 / JR横須賀線「逗子」駅 徒歩16分
土地面積 616.81㎡
土地面積(坪) 186.58坪
建物面積 191.68㎡
建ぺい率 50%
容積率 100%
土地権利 所有権
地目 宅地
建物構造 木造かわらぶき2階建
現況 空家
築年月 平成19年6月
施設 公営水道, 本下水, 都市ガス
間取り 自由(2LDK+納戸×3)
都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用
法令制限 まちづくり条例, 宅地造成等規制区域, 景観法, 土砂災害警戒区域
取引態様 仲介
引渡日 相談
情報登録日 2020/02/29

お問い合わせ

◆ お電話でのお問い合わせ
046-845-9224
◆ メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ >

関連記事一覧

PAGE TOP