必然的移住

目に飛び込んでくるというか、
勝手に目に入ってくる、海と山。
こんな印象の物件でした。

まだ不動産業界に出回ったばかりの物件です。

目から入る情報はすごい感性を刺激されることはもちろんなのですが、
それ以外の匂いや音、風を受ける身体。
その全てを感じてもらわないと、不動産は購入の決め手にならないですよね。

今はVRで内覧できるのもあると聞いてますが、
純粋のポリシーからして、ありえないんですよね。
必ず、案内する人がいて、それぞれの物件の売主や貸主がいて、
その日の天気、風の向きや太陽の位置、何か作業している隣人など、
時間によっても案内の仕方によっても物件の印象が全然違うはずなんです。

ネットで探してなかなか見つからないっていう人も多いんです。
それは、足を運ばないからなのかなと思ってしまいます。
たくさん足を運んで、案内する不動産屋と仲良くなって、求めるイメージを沢山共有し、
物件についてアレコレ話ができれば、
自ずとその地から受け入れられて、足を運ぶことによって、色んな人に会えて、いい物件に必然的に出会うことになる。

住まいの移し方って、
所属している会社の転勤でとか、出向でとか、会社が近いから(第三者の要因や指示がある)とかで
やむをえずに圧力を感じて移す場合がありますが、
それが自分の住みたい場所の意思とは違う理由で移すと、あくまでそれは”引っ越し”なのかなと。
引っ越しは結局、利便性や通勤や会社との距離に執着してしまって、
今までの価値観のまま暮らしを変えず(見直さず)に過ごしてしまいがちなのではないかと。

ですが、逗子・葉山・秋谷・湘南に”移住”してきました〜!
みたいなキラキラしている方々は必ずと言っていいほど、
自分の意思や知人の紹介でエリアを決め、戸建てかマンションかなどを選んでいるはずです。
自分の意思で街を選んでますから、土地への愛が生まれ、それを住んで育んでいくんです。
好きな街に住んでいるから、治安がいい。
移住者の方が、地元の人よりもその土地に愛着湧いちゃう場合も多くありますよね。

その移住の窓口は不動産屋になること。
それが地を守る肝なんです。
不動産屋も住まいを移そうとするそれぞれの人の背景やイメージを掴んで、
土地の持っているポテンシャルを最大限掴んでおけば、必ずつながりますね。
営利的に移住させても、誰もうまいことないですからね。
その重要な仕事にこの地でつかせてもらっていることに感謝しながら、、、

物件を感じて見て下さい。

売主の真心が詰まっている家、
何をこの家で過ごしていたか、今は見るだけにして下さい。

実際に内見すると、もっと価値観が変わるでしょう。

物件種別 中古戸建
価格 4600万円
所在 横須賀市秋谷
交通 横須賀線「逗子」駅 バス22分 「久留和海岸」停 徒歩3分
土地面積 91.47㎡
土地面積(坪) 27.6坪
建物面積 90.24㎡
建ぺい率 60%
容積率 200%
土地権利 所有権
地目 宅地
建物構造 木造3階建
現況 居住中
築年月 平成10年9月
施設 公営水道, 浄化槽, 個別プロパンガス
間取り 1LDK+土間+フリースペース+デッキ
都市計画 市街化区域
用途地域 第一種住居
法令制限 宅地造成等規制区域, 高度地区, 準防火地域, 文化財保護法
取引態様 仲介
引渡日 相談
備考 ■増築未登記部分あり
■令和2年11月一部リフォーム(屋根・外壁・室内壁・シャワールーム・サッシ・シャッター)
情報登録日 2021/06/26

お問い合わせ

◆ お電話でのお問い合わせ
046-845-9224
◆ メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ >

関連記事一覧

PAGE TOP