「切通之写生」ニュー代々木マンション

「ニュー代々木マンション」という、今では堂々と言えない程ストレートなネーミングセンス。

最早、小さな判断を離れて彼方を見上げてしまうような印象さえある。

「新しい代々木」で「マンション」。

では無いな、「新しい代々木マンション」で、だんだん分からなくなる。

何も、「分かる」必要は無いという結果を辿る。

分からなくて良くて、ストレート。となるともう前衛らしき影が立ち上がる。

というわけで、ニュー代々木マンションには、前衛の香りを感じるということも無くは無い。

無くも無いという煙に巻いたような日本語がある訳だが、その辺りは取り急ぎそっとしておこう。

では、本題に入りましょう。

 

外観から、エントランス。

色々と、なんだかちょうど良い。

1970年のモダンなしっかりとした佇まい。

ヴィンテージって言いたいけど、どうしようかな。

今でもカッコいいと思います。

このエントランスの石組みなんか、相当大胆で絵画的な印象さえする。

むしろこう言った大胆さが、今でも求められている気さえする。

だから、レトロ感とかヴィンテージ感って言うとピンと来ない気もしますね。

時代の廻りもあるのだろうけれど、しっかりと文化が継承されていると言うほうがしっくりくる。

ガラスブロックと階段です。

美しい階段たち。

階段好きには、この角度たまらないでしょう。

しっくりしっかりとした木材と金属のコントラストは、毎日の視界にひんやりと美しい。

コンクリート・木・鉄!

この手すりの質感がとても良い。

 

バルコニーからの眺望です。

7階建の7階の最上階。

南西側の見晴らしはご覧の通り。

空と開放感。空だから開放感?

抜け感?とか言ったりしますよね。

でもそう言った表現では、ちょっと追いついていない印象。

花壇らしき物もありますから、この空と植物との生活に心ときめきます。

ワサワサと茂っていたら楽しそうだし、お花咲いてたらすごいヴィジュアルなりそう。

チューリップとか、チューリップみたいなのとか。

結構、バルコニー広いです。(面積不明)

寝室。

途中塗り。

人生は、いつだって途中です。

今を大切に。

 

細かい粒のようなものは、猫砂だと思います。

と言うことで、ペットもOK。(要申請)

強い日差しに、テントが!

お好きな色のテントを張れるので是非テント屋さんと楽しんでください。

トイレ。

全部タイルって結構いけてますね。

参宮橋駅からこの公園を通って家路に着けるって、意外と嬉しいかも。

公園通って帰れる幸せ。

これは、岸田劉生画伯の「切通之写生」。

生々しくて、力強いですね。

この坂が、マンション前の坂を写生したものだそうで、左側の白い塀は当時お屋敷があったそうで、

ニュー代々木マンションは、とあるお屋敷跡だと言うことが伺えます。

石組みに白い塀が続いていますが、土の道とのコントラストが素敵ですね。

上の絵画は、この坂の様です。

もうちょっと坂の下の方から撮った写真だとわかりやすかったかも、、、。

最後に間取りです。

参考程度に、現地で確認してくださいね。

リノベーションのベースに最適ですよ。

利便性はもちろんですが、この辺りの環境はお店のラインナップや穏やかな環境は、

代々木公園に程近い環境も影響がありそうですね。

都市生活の豊かさを感じられる、ニュー代々木マンション。

この辺りで、リノベしたい80㎡超えは、少ないので是非この機会に!

物件種別 マンション
価格 6600万円
所在 東京都渋谷区代々木4-22-1
交通 小田急線「参宮橋」駅 徒歩5分
建物面積 80.76㎡
土地権利 所有権
建物構造 鉄筋コンクリート造陸屋根  地下1階付7階建
現況 空室
所在階 7階
築年月 1970年6月
施設 公営水道, 本下水, 都市ガス
間取り 2LDK
都市計画 市街化区域
用途地域 第二種中高層住居専用
法令制限 景観法, 高度地区, 準防火地域
取引態様 仲介
引渡日 即時

お問い合わせ

◆ お電話でのお問い合わせ
046-845-9224
◆ メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ >

関連記事一覧

PAGE TOP