成約済【逗子市桜山5丁目】ひっそりでどっぷりな、だけどさっぱり

都会的だといわれる、逗子。
アクセスの発信であることは間違いないし、人の右往左往が多い。
でも都会的という感じは他から見ればそう思うだけで、本当の都心からすると、田舎である。
駅前から離れると、何もないでしょ?とか言われる。
それは上辺だけの印象であって、ものすごい点在的に文化的であり、人情的であり、革新的であり、
でも共通していることは共通している。それがいいんだと知っている。
都心的で田舎?であり、何と言っても発信が多い。
だからどっぷりハマりやすいのが、心配。
都内に出るのもたやすい。
使える電車もJR横須賀線・湘南新宿ライン・京急線であり、どれも始発があるので、下手(中途半端な)にその沿線の都心に近い駅を選んで、
手すりを掴んで肩身狭く新聞やニュースやメールを見るのよりかは、最初からどっぷり座って出勤できるのは本当に魅力。
そして、車のアクセスは逗子インターや逗葉新道(葉山)、朝比奈(鎌倉)も裏側からアクセスできる好立地な場所。
車を使わない人は、自転車か原付も多い。
ちょっと海までとか、家族みんなで定食屋へ、友達の家へ、保育園の送迎でなど、ある意味自転車に乗れないと楽しめないのかもしれない。
もちろん、車のスペースは必須で、最低1台、3台あれば◎という。
せっかく都内から出てきて、逗子に住むんだから、ちょっと人並みじゃないところが良くて、山感などを求める人も多い。
田舎(実家)があって、田舎には帰って仕事はできないけど、田舎っぽいところで育ったから、
大人になってからやっぱりよかったなと思えるところに戻る傾向がある。
あれもこれも要望を出しちゃうと、正直、駅から少し離れないといけない。
そこまでの勇気がないのも知っている。
ここで振り切るか、振り切らないかは考えようだけど、実際振り切ったほうがいいんだな。
葉山まではいけないし、海側もそこまで求めない。
敷地が広いのを優先し、眺望(森感の)優先した物件ならこれかなと。

目の前は雑木林的な森が広がり、その間には小川が流れる。ここに隠れ家的なデッキを設けて、ひっそりプライベート空間の誕生だな。

反対側を見ても、圧迫感がない。それはそれぞれお互いの敷地が広いからもあるだろう。 

北側ひな壇になっており、二階からの北側への抜け感も期待できそう。

A区画奥は小川に囲まれたプライベート隠居感がある敷地の形状。もう、公園なんていらないのかもしれない。家族と家と恵まれた自然がある。

駐車場も各区画3台ずつはいけるんじゃないかと。


この緑と青のコントラストが冴えてくる。
さっぱり冴えているな。

物件種別 土地
価格 0000万円
所在 逗子市桜山5丁目
交通 JR横須賀線「逗子」駅 徒歩22分
土地面積 372.47㎡
土地面積(坪) 112.6坪
建ぺい率 50%
容積率 100%
土地権利 所有権
地目 雑種地
現況 更地
都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用
法令制限 景観法
取引態様 仲介
引渡日 相談
備考 A区画 (367.28平米:111.1坪):成約済み
B区画 2180万円(372.47平米:112.6坪):販売中(価格改定!!)
情報登録日 2010/11/15

お問い合わせ

◆ お電話でのお問い合わせ
046-845-9224
◆ メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ >

関連記事一覧

PAGE TOP